< HOME

規約と信仰告白
「主張」
全国連合長老会ニュース
加盟教会一覧
出版書籍


「主張」

※機関誌「宣教」(2019年5月号)「主張」欄より


 「教職の健康管理と牧会」


 テモテへの手紙一第五章二三節で使徒パウロは愛する弟子テモテに「これからは水ばかり飲まないで、胃のために、また、度度起こる病気のために、ぶどう酒を少し用いなさい」と勧めています。連合長老会加盟の諸教会に神様から派遣された教師は、わたしたち教会員の愛する教師であり、かけがえのない牧会者です。その教師が身も心も健全で御言葉を大胆に語り続けるためには、それにふさわしい配慮が必要だと思います。各教会に派遣された教師は、神学校を出たばかりの若い教師からベテランの教師まで経歴は様々です。しかしその教師たち一人一人にふさわしい形で配慮がなされているかはどうなのでしょう。パウロが語るように教師にふさわしい心遣いがなされているのでしょうか。
 全国連合長老会の常置委員会で最近耳にするのは、教師の病の報告の多さです。心身ともに疲れ切った教師が精神的に追い詰められた結果、うつ状態になった例とか、癌、心臓疾患、脳梗塞等々。教師も同じ人間ですから、様々な病気にかかるのはやむを得ないでしょう。しかし、そのように病んで苦しんでいる教師に十分な配慮がなされているでしょうか。
 同じテモテへの手紙の少し前のところには「特に御言葉と教えのために労苦している長老たちは二倍の報酬を受けるにふさわしい、と考えるべきです」とあります。この長老は現在の牧師のことを指しています。
 第四三回全国連合長老会会議資料によると加盟九四教会のうち三二教会の年間予算が六百万円未満でした。地域によって生活費に差がありますが、およそ三分の一の教会が牧師に十分な謝儀をお渡しできないということでしょう。
 牧師は個人事業主ですから、健康管理は自分で行うことになります。不足がちの謝儀から、健康診断の必要性を十分理解していても、ついおろそかになりがちではと心配になります。牧師の健康は、家族にも、教会にもとても大切です。牧師が身も心も健康でなければ、十分な牧会はできないでしょう。
 二〇〇八年四月一日より各医療保険者(国民健康保険、健康保険組合、共済組合、全国健康保険協会管掌健康保険等)が四〇歳から七四歳までの被保険者に対し「特定健康診査」を実施しております。また、一八歳から三九歳の市民を対象とした若年層健康診査が実施されております。私事ですが、この健康診査で三年前に癌が見つかり手術して二年が経過しました。幸い発見が早かったので以前と変わらない生活を続けております。
 今、日本では癌は(特に男性の場合)二人に一人は罹る病気だと言われています。しかし、早期発見であれば生存率は格段に良いのも事実です。定期的な健康診査を受けることが重要になってきます。また、うつ病の患者はどこにもあふれている状態です。牧師にかぎりません。病気と付き合いながら働いている方も大勢います。牧師は意外に他人に相談するのが下手ではないかと思いますが、いかがでしょうか。収入が少ないこととか、他人に相談しにくい(教会員からは相談されるのに)とかがあるように思われます。
 ここに、各個教会長老会のまた、地域連合長老会の課題があるのではないでしょうか。牧師が遠慮することがないような仕組みを構築できればと願います。最低限ではありますが、地域で教職の健康管理を体系的に実施することが必要ではないでしょうか。繰り返しになりますが、教師は意外に孤独ではないかと思います。地域連合長老会が十分機能していれば教師同士の交わりもあり、同労者の健康状態も把握できるでしょうが、現状は気が付いたら少し手遅れ気味ということもあるのではないでしょうか。是非とも各地域の連合長老会でも、教師会でも、各個教会長老会でも検討していただきたいと思います。


十貫坂教会 石田 篤 


「主張」

■バックナンバー

2019年4月号「キリスト教学校と連合長老会」/金沢教会 井ノ川 勝
2019年3月号「長老の研鑽について」/泉高森教会 阿部 祐治
2018年10月号「献身の勧め」/蕃山町教会 服部 修
2018年9月号「『聖書のみ』を論拠とする『万人祭司』の実質化を!」
               /鎌倉雪ノ下教会長老 望月 克仁
2018年8月号「連合長老会と東京神学大学」/横浜指路教会 藤掛 順一
2018年7月号「連合長老会が改革長老教会 協議会運動を始めた限りは」
               /横須賀小川町教会 寺田 信一
2018年6月号「中高生修養会の恵み」/中高生修養会実行委員長 阿部 啓
2018年5月号「初めて長老に選ばれた方のために」/平塚富士見町教会長老 福原 三四朗
2018年4月号「熊本・大分地震から二年」/錦ヶ丘教会 川島 直道


2017年10月号「我らここに立つ − 宗教改革五百年」/東京神学大学教授 芳賀 力

2017年9月号「三重連合長老会の課題 ―三十年の歩みを感謝して―」
               /山田教会 渡部 和使

2017年8月号「連合長老会の出版活動」/鎌倉雪ノ下教会 望月 克仁

2017年5月号「新たに長老に選ばれた人のために」/金沢教会 井ノ川 勝

2016年12月号「熊本大分地震を経験して」/錦ヶ丘教会 川島 直道

2016年11月号「地域連合長老会における長老の研鑽について」                            /平塚富士見町教会 福原 三四朗

2016年3月号「震災後五年を経て −そして課題−」/仙台広瀬河畔教会 望月 修

2016年2月号「キリスト教学校と連合長老会」/北陸学院 堀岡 満喜子

2016年1月号「全国連合長老会の課題」/横浜指路教会 藤掛 順一

2015年6月号「中高生修養会の恵み」/十貫坂教会伝道師 中村 恵太

2014年12月号「献身者と共に歩む幸い」/十貫坂教会 石田 篤
2014年11月号「教区における地域連合長老会の課題−神奈川教区篇−」                            /横須賀小川町教会 寺田 信一
2014年10月号「日本基督教団と連合長老会」/岡山蕃山町教会 服部 修
2014年9月号「教区における地域連合長老会の課題〜東海教区編」                            /駿府教会 瀬谷 寛
2014年8月号「連合長老会の出版活動について」/日本橋教会 宍戸 基男
2014年7月号「執事職をめぐって」/金沢教会 井ノ川 勝
2014年6月号「中高生修養会の恵み」/浜北教会 大橋 新
2014年5月号「新たに長老として選ばれた人のために」                            /富山鹿島町教会 小堀 康彦
2014年4月号「伝道局資金による伝道援助について」                           /小田原十字町教会長老 露木 賢一
2014年3月号「なすべきことを示してください」/石巻山城町教会 関川 祐一郎
2014年2月号「東日本の現状と課題」/自由が丘教会 阿部 祐治
2014年1月号「連合長老会と東京神学大学」/横浜指路教会 藤掛 順一
2013年12月号「献身者を生み出すために」/平塚富士見町教会長老 福原 三四朗
2013年11月号「全国連合長老会の課題」/横浜指路教会 藤掛 順一
2013年10月号「長老会の研鑽について」/十貫坂教会長老 石田 篤
2013年9月号「日本基督教団と連合長老会」/ 蕃山町教会 服部 修
2013年8月号「地域連合長老会における伝道協力」
               /小田原十字町教会長老 露木 賢一
2013年7月号「教区における地域連合長老会の課題〜九州篇〜」
               /錦ヶ丘教会 川島 直道
2013年6月号「中・高生修養会の恵み」/富士教会 桑原 睦彦
2013年5月号「青年伝道を巡って」/山田教会 井ノ川 勝
2013年4月号「『長老教会の手引き』改訂について」/横浜指路教会 藤掛 順一
2013年3月号「東日本大震災から二年」/自由が丘教会 阿部 祐治
2013年2月号「教会員の高齢化について」/富山鹿島町教会 小堀 康彦
2013年1月号「私たちの教会の伝道」/小田原十字町教会 馬場康夫
2012年12月号「献身の勧め」/山田教会 井ノ川 勝
2012年11月号「教会記録審査について」/小田原十字町教会 露木 賢一
2012年10月号「教会形成の一環としての連合長老会の出版活動」
               /十貫坂教会 関川 泰寛
2012年9月号「日本基督教団と連合長老会」/横浜指路教会 藤掛 順一
2012年8月号「改革長老教会協議会の今」/自由が丘教会 阿部 祐治
2012年7月号「牧師の人事について」/錦ヶ丘教会 川島 直道
2012年6月号「中高生修養会の恵み」/服部 修
2012年5月号「青少年伝道の課題」/日本橋教会 宍戸 基男
2012年4月号「「全国連合長老会式文」改訂について」
               /富山鹿島町教会 小堀 康彦
2012年3月号「被災地を歩まれるキリスト、そして被災地に立つ教会」
               /仙台広瀬河畔教会 望月 修
2012年2月号「全国連合長老会 伝道局資金を用いての伝道協力の会計」
               /小田原十字町教会 馬場康夫
2012年1月号「全国連合長老会の課題」/横浜指路教会 藤掛順一
2011年12月号「全国連合長老会の会計」
               /小田原十字町教会長老 露木賢一
・2011年11月号は「主張」がお休みです
2011年10月号「北陸連合長老会の課題」/富山鹿島町教会 小堀康彦
2011年9月号「東京神学大学と連合長老会」/横浜指路教会長老 數井紀彦
2011年8月号「協同して献金活動を」/自由が丘教会 阿部祐治
2011年7月号「東海連合長老会の課題」/富士教会 桑原睦彦
2011年6月号「中学生・高校生修養会の恵み」/小松教会 松島保真
2011年5月号「献身について」/日本橋教会 宍戸基男
2011年4月号「西部連合長老会の課題」/浜寺教会 松原 望
2011年3月号「青年伝道」/錦ヶ丘教会 川島直道
2011年2月号「『全国連合長老会規約の解説』改正案を巡って」
               /山田教会 井ノ川勝
2011年1月号「神奈川連合長老会の現状と課題」/小田原十字町教会 馬場康夫
2010年12月号「長老と執事」/富山鹿島町教会 小堀康彦
2010年11月号「東日本連合長老会の課題」/自由が丘教会 阿部祐治
2010年10月号「教会規則について」/日本橋教会 宍戸基男
2010年9月号「和歌山連合長老会の課題」/粉河教会 田中牧人
2010年8月号「献身の勧め」/須磨月見山教会 上原智加子
2010年7月号「九州連合長老会の課題」/錦ヶ丘教会 川島直道
2010年6月号「中学生・高校生修養会の恵み−宝としての修養会−」
               /駿府教会 瀬谷寛
2010年5月号「インターネットの伝道について」/十貫坂教会 長老 石田篤
2010年4月号「東部連合長老会の課題」/小金教会 今泉 幹夫
2010年3月号「牧師招聘の手続き」/小田原十字町教会 馬場 康夫
2010年2月号「三重連合長老会の課題」/山田教会 井ノ川 勝
2010年1月号「『宣教』の使命」/藤沢北教会 藤盛 勇紀
2009年12月号「日本伝道150年と連合長老会」/横浜指路教会 藤掛 順一
2009年11月号「主の血潮に感謝して献げる」/小田原十字町教会 馬場 康夫
2009年10月号「教会とキリスト教学校の連携」
               /青山学院大学宗教主任・荻窪清水教会担任教師 砂 民宣
2009年9月号「地域連合長老会における伝道協力について」
               /小田原十字町教会 露木 賢一
2009年8月号「連合長老会の出版活動 ―その意義と課題」
               /出版委員会 関川 泰寛
2009年7月号「『続 明解カテキズム』について
               健やかな教会を形成するために」/藤枝教会 青戸 宏史
2009年6月号「中学生・高校生修養会の恵み」/神戸神愛教会 高多 新
2009年5月号「改革長老教会協議会の活動について」/自由が丘教会 阿部祐治
2009年4月号「一八九〇年信仰の告白に基づいて」/日本橋教会 宍戸基男
2009年3月号「主の日の礼拝の指針について」/鎌倉雪ノ下教会牧師 東野尚志
2009年2月号「日本基督教団の今後」/横浜指路教会牧師 藤掛順一
2009年1月号「能登半島地震復興活動状況について」
               /富山鹿島町教会牧師 小堀康彦
2008年12月号「教会記録審査について」/藤枝教会牧師 青戸宏史
2008年11月号「牧師会について」/日本橋教会牧師 宍戸基男
2008年10月号「東京神学大学と連合長老会」/鎌倉雪ノ下教会長老 望月 克仁
2008年9月号「地域連合長老会形成の課題」/富山鹿島町教会牧師 小堀康彦
2008年8月号「献身について」/錦ヶ丘教会牧師 川島直道
2008年7月号「聖餐の乱れについて」/鎌倉雪ノ下教会牧師 東野尚志
2008年6月号「青年伝道」/自由が丘教会牧師 阿部祐治
2008年5月号「中高生修養会の恵み」/横浜指路教会長老 松森しおり
2008年4月号「キリスト教学校は教会の子ども」
               /北陸学院中学高等学校校長 堀岡啓信
2008年3月号「規約第二条を巡って」/山田教会牧師 井ノ川 勝
2008年2月号「カテキズム教案の用い方」/小田原十字町教会牧師 馬場康夫
2008年1月号『長老教会の手引き』改訂について/横浜指路教会牧師 藤掛順一


「宣教」

■発行日: 毎月1日

■申し込み先が変更されました
 発行所(新規申込み・講読数変更): 平塚富士見町教会
 〒254-0062 平塚市富士見町 2-15
 TEL & FAX : 0463-32-0483




▲このページのトップへ



日本基督教団 全国連合長老会 All Rights Reserved.