< HOME

規約と信仰告白
「主張」
全国連合長老会ニュース
加盟教会一覧
出版書籍


「主張」

※機関誌「宣教」(2022年8月号)「主張」欄より


 各個教会長老会の使命


 各個教会長老会の務めについてならば、アメリカ改革派教会の、ロバート・ホワイト「長老の手引き」等、参考にすべき書が多い。この書は、モーセの燃え尽きない柴の出来事から始めるが、長老会の職務の根底にあるものへの考察を促す。使命とは自らの内にあるより、外より与えられるもので、教会の使命とも重なり合うだろうが、キリストに仕える姿勢が強調されるであろう。具体的に言えば強く迫るキリストの愛に応える事であり、神の秘められた計画を委ねられた管理者であることだ。
 コロナ禍で特徴的だった事は、ローマ・カトリック教会が素早く教皇からの指示が伝えられて対応していたが、プロテスタント教会は会議を重ねていった事である。教会制度上の特徴が良く表れた事であり、教会観の違いも見えた。イエス・キリストが主である事を守りぬく事が教会の使命とも言えるが、司教団が礼拝を捧げる事が教会の存立であると考える場合と教職と信徒の会議を重んじた場合の違いが見えたのである。
 宗教改革者達が司教の権威に変えて会議を重んじたのは、それだけ神の言葉が軽んじられないようにとの祈りがあったからである。
 教会の使命は、キリストにある罪の赦しに招く事であり、御国を来たらしめたまえと祈り神の栄光の顕れを示す事であろう。そうだとすれば各個教会長老会の使命も聖餐の恵みをして再臨なさる主の来られる時に備える歩みを整える事になるだろう。聖餐こそ、主の行き届いた恵みに対する厳粛な招きだからである。福音伝道の熱意は、教会の希望が何であるかをわきまえて奉仕するところに与えられるものである。
 教会の歴史の中で、教会訓練という事を重視したのは改革派であるが決して容易な事ではなかった事も事実である。
 宗教改革に踏み切ったヨーロッパの都市の事情が複雑に絡んで、教会の事柄にも政治的機関が決定するという事が行われていたからである。その中で、バーゼルの宗教改革の指導者であったエコランパディウスは、教会訓練における聖餐の中心的位置を強調し聖餐を「相応しく受ける」事が鍵であるとしたけれどカルヴァンも深く影響を受けたと思われる。当時も、福音的な説教がなされていただろうがキリストの民に相応しい秩序として教会戒規を深く考えたのでそれゆえに教会の訓練に政治的機関が加わる事を警戒した。
 歴史的状況が今日の状況と全く違うので、一概には言えないけれど、教会がキリストの体に与る為相応しく整えるという事ならば、長老会の使命として、必要不可欠な視点ではないかと思う。
 コロナ禍で問われたのは、主日礼拝をどのように継続するか、あるいは生命を守るため集まる事を犠牲にするかという二者択一の感があったが、むしろ教会訓練のあり方が問い直されたように思う。
 各個教会長老会の使命もキリストの愛によって罪から贖い出された民として相応しく生きる事に無関心ではいられないし贖われたからこそ、恵みに相応しく感謝の生活をする事を促すであろう。具体的に長老自身の内的成長なくして長老の使命は達成しえないという昔から先輩方が言っておられた事を繰り返すしかない。長老会の任務を果たすためにも、自分の知恵に頼る事を超えて、謙遜に神の御言葉に頼らざるを得ない。
 どなたから聴いたのか定かではないがマルティン・ニーメラー牧師が、牧会の中心に良きサマリヤ人の譬えを置き、教会の本質からずれないようにと祈っていたと聞いた。人間に権力が集中すると、必ず腐敗するからであろう。
 そもそも長老制度では各個教会を超えて地域長老会の交わりがあり、教会の形成のために祈り励むのだが、逆の言い方をすれば神のなさる伝道を妨げないように己を捨てる事が使命であろう。

砂町教会 三原 誠



■バックナンバー

2022年7月号「改革長老教会協議会と連合長老会」/金沢教会牧師 井ノ川 勝
2022年6月号「中学生・高校生修養会への招き」/実行委員長 阿部啓
2022年5月号「伝道の道具としてのSNS」/蕃山町教会 服部修
2022年4月号「新たに長老に任職された人に」
                    /小田原十字町教会 長老 露木 賢一
2022年3月号「献金の信仰」/和歌山教会 清藤 淳
2022年2月号「青年修養会への招き」/駿府教会 中村 恵太
2022年1月号「『コロナ禍』によって示されたこと」/横浜指路教会 藤掛 順一
2021年12月号「クリスマスの歌心、再び」/山田教会  山口元気
2021年11月号「献身の勧め」/金沢教会 井ノ川 勝
2021年10月号「コロナ禍での地域連合長老会」/長崎教会 福田英樹
2021年9月号「コロナ禍での地域連合長老会 和歌山連合長老会」
                        /東和歌山教会 阿部 倫太郎
2021年8月号「『コロナ禍』の中での地域連合長老会(西部)」
                           /蕃山町教会 服部 修
2021年7月号「コロナ禍での地域連合長老会」/三重連合長老会 山口 元気
2021年6月号「コロナ禍における北陸連合長老会」/富山鹿島町教会 小堀 康彦
2021年5月号「『コロナ禍』の中での地域連合長老会」
                         /東海連合長老会 阿部 啓
2021年4月号「コロナ禍の中での歩み」/神奈川連合長老会書記 鈴木 義嗣
2021年3月号「コロナ禍における地域連合長老会(東部)」/砂町教会 三原 誠
2021年2月号「『コロナ渦』の中での地域連合長老会」
                        /東日本連合長老会 竹前 治
2021年1月号「東海連合長老会における伝道協力」/浜北教会 大橋 新
2020年12月号「献身の勧め」/清瀬信愛教会 竹前 治
2020年11月号「献身の勧め」/砂町教会 三原 誠
2020年10月号「西部連合長老会における伝道協力」/蕃山町教会 服部 修
2020年09月号「九州連合長老会の伝道協力」/錦ヶ丘教会 川島 直道
2020年08月号「牧師の人事について」/小田原十字町教会 馬場 康夫
2020年07月号「中高生修養会の恵み」/和歌山教会 清藤 淳
2020年06月号「新型コロナウイルスの脅威の下で」/横浜指路教会 藤掛 順一
2020年05月号「新たに長老に選ばれた人のために」/横浜指路教会 松森 しおり
2020年04月号「改革長老教会協議会と連合長老会」/金沢教会 井ノ川 勝
2020年03月号「新『式文』について」/富山鹿島町教会 小堀 康彦
2020年02月号「教会『中年』の励ましと伝道」/藤沢北教会 長倉 基
2020年01月号「全国連合長老会青年修養会への招き」/宮崎中部教会 乾 元美
2019年12月号「伝道献身の勧め」/小田原十字町教会 馬場 康夫
2019年11月号「教師会について ―聖霊の賜物を熱望する交わり―」                           /山田教会 渡部 和使
2019年10月号「高齢者伝道について」/日本橋教会 宍戸 基男
2019年9月号「教会員の教育」/清瀬信愛教会 竹前 治
2019年8月号「地域連合長老会形成」/錦ヶ丘教会 川島 直道
2019年7月号「青年伝道」/富山鹿島町教会 小堀 康彦
2019年6月号「中高生修養会の恵み」/横浜指路教会長老 松森 しおり
2019年5月号「教職の健康管理と牧会」/十貫坂教会長老 石田 篤
2019年4月号「キリスト教学校と連合長老会」/金沢教会 井ノ川 勝
2019年3月号「長老の研鑽について」/泉高森教会 阿部 祐治
2018年10月号「献身の勧め」/蕃山町教会 服部 修
2018年9月号「『聖書のみ』を論拠とする『万人祭司』の実質化を!」
               /鎌倉雪ノ下教会長老 望月 克仁
2018年8月号「連合長老会と東京神学大学」/横浜指路教会 藤掛 順一
2018年7月号「連合長老会が改革長老教会 協議会運動を始めた限りは」
               /横須賀小川町教会 寺田 信一
2018年6月号「中高生修養会の恵み」/中高生修養会実行委員長 阿部 啓
2018年5月号「初めて長老に選ばれた方のために」                                /平塚富士見町教会長老 福原 三四朗
2018年4月号「熊本・大分地震から二年」/錦ヶ丘教会 川島 直道
2017年10月号「我らここに立つ − 宗教改革五百年」                                /東京神学大学教授 芳賀 力
2017年9月号「三重連合長老会の課題 ―三十年の歩みを感謝して―」
               /山田教会 渡部 和使
2017年8月号「連合長老会の出版活動」/鎌倉雪ノ下教会 望月 克仁
2017年5月号「新たに長老に選ばれた人のために」/金沢教会 井ノ川 勝
2016年12月号「熊本大分地震を経験して」/錦ヶ丘教会 川島 直道
2016年11月号「地域連合長老会における長老の研鑽について」                            /平塚富士見町教会 福原 三四朗
2016年3月号「震災後五年を経て −そして課題−」/仙台広瀬河畔教会 望月 修
2016年2月号「キリスト教学校と連合長老会」/北陸学院 堀岡 満喜子
2016年1月号「全国連合長老会の課題」/横浜指路教会 藤掛 順一
2015年6月号「中高生修養会の恵み」/十貫坂教会伝道師 中村 恵太
2014年12月号「献身者と共に歩む幸い」/十貫坂教会 石田 篤
2014年11月号「教区における地域連合長老会の課題−神奈川教区篇−」                            /横須賀小川町教会 寺田 信一
2014年10月号「日本基督教団と連合長老会」/岡山蕃山町教会 服部 修
2014年9月号「教区における地域連合長老会の課題〜東海教区編」                            /駿府教会 瀬谷 寛
2014年8月号「連合長老会の出版活動について」/日本橋教会 宍戸 基男
2014年7月号「執事職をめぐって」/金沢教会 井ノ川 勝
2014年6月号「中高生修養会の恵み」/浜北教会 大橋 新
2014年5月号「新たに長老として選ばれた人のために」                            /富山鹿島町教会 小堀 康彦
2014年4月号「伝道局資金による伝道援助について」                           /小田原十字町教会長老 露木 賢一
2014年3月号「なすべきことを示してください」/石巻山城町教会 関川 祐一郎
2014年2月号「東日本の現状と課題」/自由が丘教会 阿部 祐治
2014年1月号「連合長老会と東京神学大学」/横浜指路教会 藤掛 順一
2013年12月号「献身者を生み出すために」/平塚富士見町教会長老 福原 三四朗
2013年11月号「全国連合長老会の課題」/横浜指路教会 藤掛 順一
2013年10月号「長老会の研鑽について」/十貫坂教会長老 石田 篤
2013年9月号「日本基督教団と連合長老会」/ 蕃山町教会 服部 修
2013年8月号「地域連合長老会における伝道協力」
               /小田原十字町教会長老 露木 賢一
2013年7月号「教区における地域連合長老会の課題〜九州篇〜」
               /錦ヶ丘教会 川島 直道
2013年6月号「中・高生修養会の恵み」/富士教会 桑原 睦彦
2013年5月号「青年伝道を巡って」/山田教会 井ノ川 勝
2013年4月号「『長老教会の手引き』改訂について」/横浜指路教会 藤掛 順一
2013年3月号「東日本大震災から二年」/自由が丘教会 阿部 祐治
2013年2月号「教会員の高齢化について」/富山鹿島町教会 小堀 康彦
2013年1月号「私たちの教会の伝道」/小田原十字町教会 馬場康夫
2012年12月号「献身の勧め」/山田教会 井ノ川 勝
2012年11月号「教会記録審査について」/小田原十字町教会 露木 賢一
2012年10月号「教会形成の一環としての連合長老会の出版活動」
               /十貫坂教会 関川 泰寛
2012年9月号「日本基督教団と連合長老会」/横浜指路教会 藤掛 順一
2012年8月号「改革長老教会協議会の今」/自由が丘教会 阿部 祐治
2012年7月号「牧師の人事について」/錦ヶ丘教会 川島 直道
2012年6月号「中高生修養会の恵み」/服部 修
2012年5月号「青少年伝道の課題」/日本橋教会 宍戸 基男
2012年4月号「「全国連合長老会式文」改訂について」
               /富山鹿島町教会 小堀 康彦
2012年3月号「被災地を歩まれるキリスト、そして被災地に立つ教会」
               /仙台広瀬河畔教会 望月 修
2012年2月号「全国連合長老会 伝道局資金を用いての伝道協力の会計」
               /小田原十字町教会 馬場康夫
2012年1月号「全国連合長老会の課題」/横浜指路教会 藤掛順一
2011年12月号「全国連合長老会の会計」
               /小田原十字町教会長老 露木賢一
・2011年11月号は「主張」がお休みです
2011年10月号「北陸連合長老会の課題」/富山鹿島町教会 小堀康彦
2011年9月号「東京神学大学と連合長老会」/横浜指路教会長老 數井紀彦
2011年8月号「協同して献金活動を」/自由が丘教会 阿部祐治
2011年7月号「東海連合長老会の課題」/富士教会 桑原睦彦
2011年6月号「中学生・高校生修養会の恵み」/小松教会 松島保真
2011年5月号「献身について」/日本橋教会 宍戸基男
2011年4月号「西部連合長老会の課題」/浜寺教会 松原 望
2011年3月号「青年伝道」/錦ヶ丘教会 川島直道
2011年2月号「『全国連合長老会規約の解説』改正案を巡って」
               /山田教会 井ノ川勝
2011年1月号「神奈川連合長老会の現状と課題」/小田原十字町教会 馬場康夫
2010年12月号「長老と執事」/富山鹿島町教会 小堀康彦
2010年11月号「東日本連合長老会の課題」/自由が丘教会 阿部祐治
2010年10月号「教会規則について」/日本橋教会 宍戸基男
2010年9月号「和歌山連合長老会の課題」/粉河教会 田中牧人
2010年8月号「献身の勧め」/須磨月見山教会 上原智加子
2010年7月号「九州連合長老会の課題」/錦ヶ丘教会 川島直道
2010年6月号「中学生・高校生修養会の恵み−宝としての修養会−」
               /駿府教会 瀬谷寛
2010年5月号「インターネットの伝道について」/十貫坂教会 長老 石田篤
2010年4月号「東部連合長老会の課題」/小金教会 今泉 幹夫
2010年3月号「牧師招聘の手続き」/小田原十字町教会 馬場 康夫
2010年2月号「三重連合長老会の課題」/山田教会 井ノ川 勝
2010年1月号「『宣教』の使命」/藤沢北教会 藤盛 勇紀
2009年12月号「日本伝道150年と連合長老会」/横浜指路教会 藤掛 順一
2009年11月号「主の血潮に感謝して献げる」/小田原十字町教会 馬場 康夫
2009年10月号「教会とキリスト教学校の連携」
               /青山学院大学宗教主任・荻窪清水教会担任教師 砂 民宣
2009年9月号「地域連合長老会における伝道協力について」
               /小田原十字町教会 露木 賢一
2009年8月号「連合長老会の出版活動 ―その意義と課題」
               /出版委員会 関川 泰寛
2009年7月号「『続 明解カテキズム』について
               健やかな教会を形成するために」/藤枝教会 青戸 宏史
2009年6月号「中学生・高校生修養会の恵み」/神戸神愛教会 高多 新
2009年5月号「改革長老教会協議会の活動について」/自由が丘教会 阿部祐治
2009年4月号「一八九〇年信仰の告白に基づいて」/日本橋教会 宍戸基男
2009年3月号「主の日の礼拝の指針について」/鎌倉雪ノ下教会牧師 東野尚志
2009年2月号「日本基督教団の今後」/横浜指路教会牧師 藤掛順一
2009年1月号「能登半島地震復興活動状況について」
               /富山鹿島町教会牧師 小堀康彦
2008年12月号「教会記録審査について」/藤枝教会牧師 青戸宏史
2008年11月号「牧師会について」/日本橋教会牧師 宍戸基男
2008年10月号「東京神学大学と連合長老会」/鎌倉雪ノ下教会長老 望月 克仁
2008年9月号「地域連合長老会形成の課題」/富山鹿島町教会牧師 小堀康彦
2008年8月号「献身について」/錦ヶ丘教会牧師 川島直道
2008年7月号「聖餐の乱れについて」/鎌倉雪ノ下教会牧師 東野尚志
2008年6月号「青年伝道」/自由が丘教会牧師 阿部祐治
2008年5月号「中高生修養会の恵み」/横浜指路教会長老 松森しおり
2008年4月号「キリスト教学校は教会の子ども」
               /北陸学院中学高等学校校長 堀岡啓信
2008年3月号「規約第二条を巡って」/山田教会牧師 井ノ川 勝
2008年2月号「カテキズム教案の用い方」/小田原十字町教会牧師 馬場康夫
2008年1月号『長老教会の手引き』改訂について/横浜指路教会牧師 藤掛順一


「宣教」

■発行日: 毎月1日

■申し込み先が変更されました
 発行所(新規申込み・講読数変更): 平塚富士見町教会
 〒254-0062 平塚市富士見町 2-15
 TEL & FAX : 0463-32-0483




▲このページのトップへ



日本基督教団 全国連合長老会 All Rights Reserved.