< HOME

規約と信仰告白
「主張」
全国連合長老会ニュース
加盟教会一覧
出版書籍


「主張」

※機関誌「宣教」(2019年3月号)「主張」欄より


 「長老の研鑽について」


 長老の研鑽について考える時に 何よりも先ず思い起こすことは、自分自身が母教会においてどのような教育と訓練を受けてきたかということである。そのことを今一度省みることから出発しなければならないと思われてならない。
 小生は神学生時代の六年間を国立教会において教会生活をする機会が与えられた。当時の牧師は宮本信之助先生であり、多くの神学生が教会員として籍を置いていた。月に一回午後から牧師館で神学生会が開催されていた。その内容は神学校での生活の様子、授業について、研究発表が神学生からなされ、それらの話題に関して宮本牧師が一言提言がなされるものであった。また説教の準備、聖書研究の仕方にまで話が及んだ。そして美恵夫人の心尽くしの夕食を共に頂いた後に聖書研究会、祈祷会の集会に臨んだのであった。
 またその頃、「宣教」の発刊の責任を宮本牧師がしておられた。宣教の原稿を印刷所に持参し、完成した印刷物を教会に持って帰って各教会に発送することが神学生会の務めになっていた。それ故、誰よりも早く宣教に掲載される記事が読めることが楽しみであったことを覚えている。
 宮本牧師が神学生会で「君達は神学校を卒業したら、教職になるのであってもう二度と信徒に戻れないのだから、ここで一番良い信徒であって欲しい」と言われた言葉の意味を考えさせられている。一番良い信徒でいるとは、一体どのような信徒のことを言うのであろうか。
 その後、国立教会には宍戸達・好子牧師が着任されるのだが、当時は学園紛争、教会紛争の激しい時代で、神学校も紛争の嵐に巻き込まれ、出席神学生が減少した時代であった。そのような状況の中で小生が宮本・宍戸両牧師から教育され訓練された大切なことは、良き長老・信徒を産み出していくことの重要さであった。
 小生が今迄経験してきた教会は 母教会に始まり、岡山の蕃山町教会、伝道師と牧師として、金沢教会、内灘伝道所、そして尾張一宮教会、東京の自由が丘教会。現在は仙台の泉高森教会で奉仕させて頂いている。そこでの長老達との出会いを通して示される事実は、牧師は長老によって育てられ、長老は牧師によって養われる、信徒も同じことが言われる、ということである。
 まさに教会が牧師を成長させ、牧師が教会形成へと導くものであると言うことが出来るのだが、その為に(長老の研鑽のために)何か特別な学びが必要なのかと言うとそうではない。教会の日常的な活動に積極的に係わることが研鑽の基本なのである。教会が出会うであろう体験の全てに長老が真っ先に与って頂きたい。何よりも教会の公けの集会、礼拝、祈祷会、諸集会で宣教長老たる教職が語る言葉の一番の良い聴き手になることが求められる。教会生活の基本である礼拝に出席することから始まり、そこで語られる説教を神の言葉として聴くことが出来るように聖書に親しみ、神の御言葉、神の声を聴き取ることが出来るように自己訓練するのである。
 次に祈祷会に連なり、礼拝のため、教会の歩みのため、信仰の友への執り成し、求道者の救いのために祈る訓練に励んで頂きたい。また、連合長老会、志を同じくする群れが主催する修養会、研修会に進んで参加するものであって欲しいと望む。そして「宣教」等々の機関紙を愛読することを通して大いに学んで頂きたい。
 新しい教会に来て学んだことは、牧師も長老・信徒も未だ相互理解不十分な時期に、長老の方々が積極的に牧師と行動を共にされ、教会外で牧師が語る言葉にも耳を傾けるという共同の体験を通して、相互理解が深まる、ということである。牧師と共通した体験を重ねることによって、より深い理解が生まれてくるのであろう。


泉高森教会 阿部 祐治


「主張」

■バックナンバー

2019年1月号「全国連合長老会主催青年修養会への招き」/神戸神愛教会 岩住 賢
2018年11月号「信仰継承における我々の責任と課題」/日本橋教会 宍戸 基男
2018年10月号「献身の勧め」/蕃山町教会 服部 修
2018年9月号「『聖書のみ』を論拠とする『万人祭司』の実質化を!」
               /鎌倉雪ノ下教会長老 望月 克仁
2018年8月号「連合長老会と東京神学大学」/横浜指路教会 藤掛 順一
2018年7月号「連合長老会が改革長老教会 協議会運動を始めた限りは」
               /横須賀小川町教会 寺田 信一
2018年6月号「中高生修養会の恵み」/中高生修養会実行委員長 阿部 啓
2018年5月号「初めて長老に選ばれた方のために」/平塚富士見町教会長老 福原 三四朗
2018年4月号「熊本・大分地震から二年」/錦ヶ丘教会 川島 直道


2017年10月号「我らここに立つ − 宗教改革五百年」/東京神学大学教授 芳賀 力

2017年9月号「三重連合長老会の課題 ―三十年の歩みを感謝して―」
               /山田教会 渡部 和使

2017年8月号「連合長老会の出版活動」/鎌倉雪ノ下教会 望月 克仁

2017年5月号「新たに長老に選ばれた人のために」/金沢教会 井ノ川 勝

2016年12月号「熊本大分地震を経験して」/錦ヶ丘教会 川島 直道

2016年11月号「地域連合長老会における長老の研鑽について」                            /平塚富士見町教会 福原 三四朗

2016年3月号「震災後五年を経て −そして課題−」/仙台広瀬河畔教会 望月 修

2016年2月号「キリスト教学校と連合長老会」/北陸学院 堀岡 満喜子

2016年1月号「全国連合長老会の課題」/横浜指路教会 藤掛 順一

2015年6月号「中高生修養会の恵み」/十貫坂教会伝道師 中村 恵太

2014年12月号「献身者と共に歩む幸い」/十貫坂教会 石田 篤
2014年11月号「教区における地域連合長老会の課題−神奈川教区篇−」                            /横須賀小川町教会 寺田 信一
2014年10月号「日本基督教団と連合長老会」/岡山蕃山町教会 服部 修
2014年9月号「教区における地域連合長老会の課題〜東海教区編」                            /駿府教会 瀬谷 寛
2014年8月号「連合長老会の出版活動について」/日本橋教会 宍戸 基男
2014年7月号「執事職をめぐって」/金沢教会 井ノ川 勝
2014年6月号「中高生修養会の恵み」/浜北教会 大橋 新
2014年5月号「新たに長老として選ばれた人のために」                            /富山鹿島町教会 小堀 康彦
2014年4月号「伝道局資金による伝道援助について」                           /小田原十字町教会長老 露木 賢一
2014年3月号「なすべきことを示してください」/石巻山城町教会 関川 祐一郎
2014年2月号「東日本の現状と課題」/自由が丘教会 阿部 祐治
2014年1月号「連合長老会と東京神学大学」/横浜指路教会 藤掛 順一
2013年12月号「献身者を生み出すために」/平塚富士見町教会長老 福原 三四朗
2013年11月号「全国連合長老会の課題」/横浜指路教会 藤掛 順一
2013年10月号「長老会の研鑽について」/十貫坂教会長老 石田 篤
2013年9月号「日本基督教団と連合長老会」/ 蕃山町教会 服部 修
2013年8月号「地域連合長老会における伝道協力」
               /小田原十字町教会長老 露木 賢一
2013年7月号「教区における地域連合長老会の課題〜九州篇〜」
               /錦ヶ丘教会 川島 直道
2013年6月号「中・高生修養会の恵み」/富士教会 桑原 睦彦
2013年5月号「青年伝道を巡って」/山田教会 井ノ川 勝
2013年4月号「『長老教会の手引き』改訂について」/横浜指路教会 藤掛 順一
2013年3月号「東日本大震災から二年」/自由が丘教会 阿部 祐治
2013年2月号「教会員の高齢化について」/富山鹿島町教会 小堀 康彦
2013年1月号「私たちの教会の伝道」/小田原十字町教会 馬場康夫
2012年12月号「献身の勧め」/山田教会 井ノ川 勝
2012年11月号「教会記録審査について」/小田原十字町教会 露木 賢一
2012年10月号「教会形成の一環としての連合長老会の出版活動」
               /十貫坂教会 関川 泰寛
2012年9月号「日本基督教団と連合長老会」/横浜指路教会 藤掛 順一
2012年8月号「改革長老教会協議会の今」/自由が丘教会 阿部 祐治
2012年7月号「牧師の人事について」/錦ヶ丘教会 川島 直道
2012年6月号「中高生修養会の恵み」/服部 修
2012年5月号「青少年伝道の課題」/日本橋教会 宍戸 基男
2012年4月号「「全国連合長老会式文」改訂について」
               /富山鹿島町教会 小堀 康彦
2012年3月号「被災地を歩まれるキリスト、そして被災地に立つ教会」
               /仙台広瀬河畔教会 望月 修
2012年2月号「全国連合長老会 伝道局資金を用いての伝道協力の会計」
               /小田原十字町教会 馬場康夫
2012年1月号「全国連合長老会の課題」/横浜指路教会 藤掛順一
2011年12月号「全国連合長老会の会計」
               /小田原十字町教会長老 露木賢一
・2011年11月号は「主張」がお休みです
2011年10月号「北陸連合長老会の課題」/富山鹿島町教会 小堀康彦
2011年9月号「東京神学大学と連合長老会」/横浜指路教会長老 數井紀彦
2011年8月号「協同して献金活動を」/自由が丘教会 阿部祐治
2011年7月号「東海連合長老会の課題」/富士教会 桑原睦彦
2011年6月号「中学生・高校生修養会の恵み」/小松教会 松島保真
2011年5月号「献身について」/日本橋教会 宍戸基男
2011年4月号「西部連合長老会の課題」/浜寺教会 松原 望
2011年3月号「青年伝道」/錦ヶ丘教会 川島直道
2011年2月号「『全国連合長老会規約の解説』改正案を巡って」
               /山田教会 井ノ川勝
2011年1月号「神奈川連合長老会の現状と課題」/小田原十字町教会 馬場康夫
2010年12月号「長老と執事」/富山鹿島町教会 小堀康彦
2010年11月号「東日本連合長老会の課題」/自由が丘教会 阿部祐治
2010年10月号「教会規則について」/日本橋教会 宍戸基男
2010年9月号「和歌山連合長老会の課題」/粉河教会 田中牧人
2010年8月号「献身の勧め」/須磨月見山教会 上原智加子
2010年7月号「九州連合長老会の課題」/錦ヶ丘教会 川島直道
2010年6月号「中学生・高校生修養会の恵み−宝としての修養会−」
               /駿府教会 瀬谷寛
2010年5月号「インターネットの伝道について」/十貫坂教会 長老 石田篤
2010年4月号「東部連合長老会の課題」/小金教会 今泉 幹夫
2010年3月号「牧師招聘の手続き」/小田原十字町教会 馬場 康夫
2010年2月号「三重連合長老会の課題」/山田教会 井ノ川 勝
2010年1月号「『宣教』の使命」/藤沢北教会 藤盛 勇紀
2009年12月号「日本伝道150年と連合長老会」/横浜指路教会 藤掛 順一
2009年11月号「主の血潮に感謝して献げる」/小田原十字町教会 馬場 康夫
2009年10月号「教会とキリスト教学校の連携」
               /青山学院大学宗教主任・荻窪清水教会担任教師 砂 民宣
2009年9月号「地域連合長老会における伝道協力について」
               /小田原十字町教会 露木 賢一
2009年8月号「連合長老会の出版活動 ―その意義と課題」
               /出版委員会 関川 泰寛
2009年7月号「『続 明解カテキズム』について
               健やかな教会を形成するために」/藤枝教会 青戸 宏史
2009年6月号「中学生・高校生修養会の恵み」/神戸神愛教会 高多 新
2009年5月号「改革長老教会協議会の活動について」/自由が丘教会 阿部祐治
2009年4月号「一八九〇年信仰の告白に基づいて」/日本橋教会 宍戸基男
2009年3月号「主の日の礼拝の指針について」/鎌倉雪ノ下教会牧師 東野尚志
2009年2月号「日本基督教団の今後」/横浜指路教会牧師 藤掛順一
2009年1月号「能登半島地震復興活動状況について」
               /富山鹿島町教会牧師 小堀康彦
2008年12月号「教会記録審査について」/藤枝教会牧師 青戸宏史
2008年11月号「牧師会について」/日本橋教会牧師 宍戸基男
2008年10月号「東京神学大学と連合長老会」/鎌倉雪ノ下教会長老 望月 克仁
2008年9月号「地域連合長老会形成の課題」/富山鹿島町教会牧師 小堀康彦
2008年8月号「献身について」/錦ヶ丘教会牧師 川島直道
2008年7月号「聖餐の乱れについて」/鎌倉雪ノ下教会牧師 東野尚志
2008年6月号「青年伝道」/自由が丘教会牧師 阿部祐治
2008年5月号「中高生修養会の恵み」/横浜指路教会長老 松森しおり
2008年4月号「キリスト教学校は教会の子ども」
               /北陸学院中学高等学校校長 堀岡啓信
2008年3月号「規約第二条を巡って」/山田教会牧師 井ノ川 勝
2008年2月号「カテキズム教案の用い方」/小田原十字町教会牧師 馬場康夫
2008年1月号『長老教会の手引き』改訂について/横浜指路教会牧師 藤掛順一


「宣教」

■発行日: 毎月1日

■申し込み先が変更されました
 発行所(新規申込み・講読数変更): 平塚富士見町教会
 〒254-0062 平塚市富士見町 2-15
 TEL & FAX : 0463-32-0483




▲このページのトップへ



日本基督教団 全国連合長老会 All Rights Reserved.