< HOME

規約と信仰告白
「主張」
全国連合長老会ニュース
加盟教会一覧
出版書籍


「主張」

※機関誌「宣教」(2019年4月号)「主張」欄より


 「キリスト教学校と連合長老会」


 北陸伝道において、北陸学院と諸教会との連携は欠かすことができない関係にある。米国北長老教会宣教師トマス・ウィン、イライザ・ウィン夫人、メリー・ヘッセル等の伝道により、金沢教会を初めとする諸教会、今日の北陸学院が創立された。浄土真宗の強い北陸の地にあって、日本人への伝道のために教会建設とキリスト教教育とは欠かすことのできないものであると、ウィン宣教師を初めとする宣教師たちは伝道のビジョンを抱いていた。北陸学院は今日、幼稚園、小学校、中学・高等学校、大学を有するキリスト教学校であり、「ミッション」と呼ばれている。
 さて、主題は「キリスト教学校と連合長老会」である。北陸連合長老会が北陸学院とどのように関わっているか、公的見解を持っているわけではない。しかし、北陸連合長老会に加盟しているそれぞれの教会、伝道者が、北陸学院に積極的に協力することなしに、北陸伝道はあり得ないという召命を与えられている。日本各地において、キリスト教学校と教会との連携が最も親密であるのは、北陸ではないだろうか。北陸学院の歴代の院長が伝道者であるということが、共に北陸伝道を担う祈り合う交わりとしている。教会は北陸学院に教職員を送り出し、北陸学院は教会に生徒、学生を送り出す。
 筆者は六年前、金沢教会へ主から派遣された。当時、金沢教会の長老一二名の内、八名が北陸学院の関係者であることに驚いた。教会員の多くが北陸学院の卒業生であり、また教職員である。教会学校には北陸学院小学校、中学校の生徒、学生が、主日礼拝には北陸学院高校、大学の学生が多く出席している。十数名から多い時には五十名以上の学生が礼拝に出席する。従って、説教の言葉が学生たちの心に響く言葉になっているかどうかが、毎主日、問われている。年間、数名の新来会者しかいなった伊勢の山田教会とは全く異なる。それ故、連続講解説教から主題説教に変えた。一回一回の主日礼拝が、会衆の魂をぐいと捕える福音の言葉を語っているかが問われる真剣勝負である。幸い毎年、北陸学院の高校、大学生から受洗者が与えられている。しかし、卒業すると、金沢を離れ、東京、関西の大学、企業に進学、就職するので、淋しい思いをする。その中に、北陸学院で聖書の御言葉を伝えたいという志を持つ学生がいることは嬉しいことである。金沢教会の礼拝には現在、北陸学院の教務教師が四名出席している。北陸学院中高の校長、宗教主事、小学校の宗教主任である。北陸学院と教会との橋渡しをする大切な役割を担っている。礼拝に出席すると、いつも学校で顔を合わせている先生が教会にいることは、大きな励ましである。
 しかし課題もある。以前のように教会が北陸学院に教職員を送り出すことが少なくなっている。キリスト教教育を担うキリスト者の教職員をいかに確保するかはキリスト教学校にとって死活問題である。特に、地方のキリスト教学校が、信仰においても人格においても学問においても優れた人材を確保することは厳しいものがある。教会の祈りを必要としている。
 金沢教会は毎年五月の第一主日が教会創立記念礼拝であり、ウィン宣教師召天記念として、墓前祈祷会を捧げている。ウィン宣教師の北陸伝道の志を受け継ぐためである。一九三一(昭和六)年二月八日の主の日、吹雪の寒い朝だった。八一歳のウィン宣教師は説教前に倒れ、逝去された。手に握られていた説教原稿はこの言葉で結ばれていた。「信じている人はこの肉眼で美しい景色を見るように、心眼で限りなき生命を見ることができる。『我に従う者は、生命の光を得べし』。何とぞ、ヨハネの言葉をお受け下さい。そして主イエスをお信じなさい。これが私の衷心からの願いである」(『日本の使徒トマス・ウィン伝』中沢正七編、金沢教会長老会)。


金沢教会 井ノ川 勝


「主張」

■バックナンバー

2019年3月号「長老の研鑽について」/泉高森教会 阿部 祐治
2018年10月号「献身の勧め」/蕃山町教会 服部 修
2018年9月号「『聖書のみ』を論拠とする『万人祭司』の実質化を!」
               /鎌倉雪ノ下教会長老 望月 克仁
2018年8月号「連合長老会と東京神学大学」/横浜指路教会 藤掛 順一
2018年7月号「連合長老会が改革長老教会 協議会運動を始めた限りは」
               /横須賀小川町教会 寺田 信一
2018年6月号「中高生修養会の恵み」/中高生修養会実行委員長 阿部 啓
2018年5月号「初めて長老に選ばれた方のために」/平塚富士見町教会長老 福原 三四朗
2018年4月号「熊本・大分地震から二年」/錦ヶ丘教会 川島 直道


2017年10月号「我らここに立つ − 宗教改革五百年」/東京神学大学教授 芳賀 力

2017年9月号「三重連合長老会の課題 ―三十年の歩みを感謝して―」
               /山田教会 渡部 和使

2017年8月号「連合長老会の出版活動」/鎌倉雪ノ下教会 望月 克仁

2017年5月号「新たに長老に選ばれた人のために」/金沢教会 井ノ川 勝

2016年12月号「熊本大分地震を経験して」/錦ヶ丘教会 川島 直道

2016年11月号「地域連合長老会における長老の研鑽について」                            /平塚富士見町教会 福原 三四朗

2016年3月号「震災後五年を経て −そして課題−」/仙台広瀬河畔教会 望月 修

2016年2月号「キリスト教学校と連合長老会」/北陸学院 堀岡 満喜子

2016年1月号「全国連合長老会の課題」/横浜指路教会 藤掛 順一

2015年6月号「中高生修養会の恵み」/十貫坂教会伝道師 中村 恵太

2014年12月号「献身者と共に歩む幸い」/十貫坂教会 石田 篤
2014年11月号「教区における地域連合長老会の課題−神奈川教区篇−」                            /横須賀小川町教会 寺田 信一
2014年10月号「日本基督教団と連合長老会」/岡山蕃山町教会 服部 修
2014年9月号「教区における地域連合長老会の課題〜東海教区編」                            /駿府教会 瀬谷 寛
2014年8月号「連合長老会の出版活動について」/日本橋教会 宍戸 基男
2014年7月号「執事職をめぐって」/金沢教会 井ノ川 勝
2014年6月号「中高生修養会の恵み」/浜北教会 大橋 新
2014年5月号「新たに長老として選ばれた人のために」                            /富山鹿島町教会 小堀 康彦
2014年4月号「伝道局資金による伝道援助について」                           /小田原十字町教会長老 露木 賢一
2014年3月号「なすべきことを示してください」/石巻山城町教会 関川 祐一郎
2014年2月号「東日本の現状と課題」/自由が丘教会 阿部 祐治
2014年1月号「連合長老会と東京神学大学」/横浜指路教会 藤掛 順一
2013年12月号「献身者を生み出すために」/平塚富士見町教会長老 福原 三四朗
2013年11月号「全国連合長老会の課題」/横浜指路教会 藤掛 順一
2013年10月号「長老会の研鑽について」/十貫坂教会長老 石田 篤
2013年9月号「日本基督教団と連合長老会」/ 蕃山町教会 服部 修
2013年8月号「地域連合長老会における伝道協力」
               /小田原十字町教会長老 露木 賢一
2013年7月号「教区における地域連合長老会の課題〜九州篇〜」
               /錦ヶ丘教会 川島 直道
2013年6月号「中・高生修養会の恵み」/富士教会 桑原 睦彦
2013年5月号「青年伝道を巡って」/山田教会 井ノ川 勝
2013年4月号「『長老教会の手引き』改訂について」/横浜指路教会 藤掛 順一
2013年3月号「東日本大震災から二年」/自由が丘教会 阿部 祐治
2013年2月号「教会員の高齢化について」/富山鹿島町教会 小堀 康彦
2013年1月号「私たちの教会の伝道」/小田原十字町教会 馬場康夫
2012年12月号「献身の勧め」/山田教会 井ノ川 勝
2012年11月号「教会記録審査について」/小田原十字町教会 露木 賢一
2012年10月号「教会形成の一環としての連合長老会の出版活動」
               /十貫坂教会 関川 泰寛
2012年9月号「日本基督教団と連合長老会」/横浜指路教会 藤掛 順一
2012年8月号「改革長老教会協議会の今」/自由が丘教会 阿部 祐治
2012年7月号「牧師の人事について」/錦ヶ丘教会 川島 直道
2012年6月号「中高生修養会の恵み」/服部 修
2012年5月号「青少年伝道の課題」/日本橋教会 宍戸 基男
2012年4月号「「全国連合長老会式文」改訂について」
               /富山鹿島町教会 小堀 康彦
2012年3月号「被災地を歩まれるキリスト、そして被災地に立つ教会」
               /仙台広瀬河畔教会 望月 修
2012年2月号「全国連合長老会 伝道局資金を用いての伝道協力の会計」
               /小田原十字町教会 馬場康夫
2012年1月号「全国連合長老会の課題」/横浜指路教会 藤掛順一
2011年12月号「全国連合長老会の会計」
               /小田原十字町教会長老 露木賢一
・2011年11月号は「主張」がお休みです
2011年10月号「北陸連合長老会の課題」/富山鹿島町教会 小堀康彦
2011年9月号「東京神学大学と連合長老会」/横浜指路教会長老 數井紀彦
2011年8月号「協同して献金活動を」/自由が丘教会 阿部祐治
2011年7月号「東海連合長老会の課題」/富士教会 桑原睦彦
2011年6月号「中学生・高校生修養会の恵み」/小松教会 松島保真
2011年5月号「献身について」/日本橋教会 宍戸基男
2011年4月号「西部連合長老会の課題」/浜寺教会 松原 望
2011年3月号「青年伝道」/錦ヶ丘教会 川島直道
2011年2月号「『全国連合長老会規約の解説』改正案を巡って」
               /山田教会 井ノ川勝
2011年1月号「神奈川連合長老会の現状と課題」/小田原十字町教会 馬場康夫
2010年12月号「長老と執事」/富山鹿島町教会 小堀康彦
2010年11月号「東日本連合長老会の課題」/自由が丘教会 阿部祐治
2010年10月号「教会規則について」/日本橋教会 宍戸基男
2010年9月号「和歌山連合長老会の課題」/粉河教会 田中牧人
2010年8月号「献身の勧め」/須磨月見山教会 上原智加子
2010年7月号「九州連合長老会の課題」/錦ヶ丘教会 川島直道
2010年6月号「中学生・高校生修養会の恵み−宝としての修養会−」
               /駿府教会 瀬谷寛
2010年5月号「インターネットの伝道について」/十貫坂教会 長老 石田篤
2010年4月号「東部連合長老会の課題」/小金教会 今泉 幹夫
2010年3月号「牧師招聘の手続き」/小田原十字町教会 馬場 康夫
2010年2月号「三重連合長老会の課題」/山田教会 井ノ川 勝
2010年1月号「『宣教』の使命」/藤沢北教会 藤盛 勇紀
2009年12月号「日本伝道150年と連合長老会」/横浜指路教会 藤掛 順一
2009年11月号「主の血潮に感謝して献げる」/小田原十字町教会 馬場 康夫
2009年10月号「教会とキリスト教学校の連携」
               /青山学院大学宗教主任・荻窪清水教会担任教師 砂 民宣
2009年9月号「地域連合長老会における伝道協力について」
               /小田原十字町教会 露木 賢一
2009年8月号「連合長老会の出版活動 ―その意義と課題」
               /出版委員会 関川 泰寛
2009年7月号「『続 明解カテキズム』について
               健やかな教会を形成するために」/藤枝教会 青戸 宏史
2009年6月号「中学生・高校生修養会の恵み」/神戸神愛教会 高多 新
2009年5月号「改革長老教会協議会の活動について」/自由が丘教会 阿部祐治
2009年4月号「一八九〇年信仰の告白に基づいて」/日本橋教会 宍戸基男
2009年3月号「主の日の礼拝の指針について」/鎌倉雪ノ下教会牧師 東野尚志
2009年2月号「日本基督教団の今後」/横浜指路教会牧師 藤掛順一
2009年1月号「能登半島地震復興活動状況について」
               /富山鹿島町教会牧師 小堀康彦
2008年12月号「教会記録審査について」/藤枝教会牧師 青戸宏史
2008年11月号「牧師会について」/日本橋教会牧師 宍戸基男
2008年10月号「東京神学大学と連合長老会」/鎌倉雪ノ下教会長老 望月 克仁
2008年9月号「地域連合長老会形成の課題」/富山鹿島町教会牧師 小堀康彦
2008年8月号「献身について」/錦ヶ丘教会牧師 川島直道
2008年7月号「聖餐の乱れについて」/鎌倉雪ノ下教会牧師 東野尚志
2008年6月号「青年伝道」/自由が丘教会牧師 阿部祐治
2008年5月号「中高生修養会の恵み」/横浜指路教会長老 松森しおり
2008年4月号「キリスト教学校は教会の子ども」
               /北陸学院中学高等学校校長 堀岡啓信
2008年3月号「規約第二条を巡って」/山田教会牧師 井ノ川 勝
2008年2月号「カテキズム教案の用い方」/小田原十字町教会牧師 馬場康夫
2008年1月号『長老教会の手引き』改訂について/横浜指路教会牧師 藤掛順一


「宣教」

■発行日: 毎月1日

■申し込み先が変更されました
 発行所(新規申込み・講読数変更): 平塚富士見町教会
 〒254-0062 平塚市富士見町 2-15
 TEL & FAX : 0463-32-0483




▲このページのトップへ



日本基督教団 全国連合長老会 All Rights Reserved.